スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンイMBC版のミス 

トンイが録画できなかったこともあり、今週もMBC版を見ました。
字幕がない分画像に集中できるのはいいのですが、細かい部分の理解度はどうしても低下してしまいます。
韓国時代劇を見続けているさくさくですが、やっぱり現代ドラマを見るほうが、理解しやすいです。


さて、今回MBC版トンイを見ていて気がついたミスを紹介しましょう。

changyewon

韓国の放送でも、難解な単語が出た場合にはこのように字幕スーパーが出ます。
掌禮院(チャンイェウォン:장례원)と書いてあります。
その下には「奴婢の戸籍を管理する官庁」とあります。
場面は、トンイが「ソンチュンの妓房で働いていた」という報告をしているところの数秒前。

実はこの字幕、おもいっきり間違えています。


漢字が読めればすぐに分かりますよね?
掌は掌握、禮は「礼」の韓国式の書き方、院は官庁を表しています。
「礼(儀礼や祭事)を掌握する官庁」という意味です。
実際にこの官庁は存在するのですが、時代が約200年下った1895年に第26代高宗によって、宮中の儀式などを行う官庁を統廃合した結果、新たに設置された官庁なのです。


正しくは掌隷院です。
ハングル表記は全く同じで、読みももちろん同じですが、漢字が違っています。
漢字が読めれば「礼」と「隷」を間違えないですよね?

以前にもなにか指摘したと思うのですが、韓国では漢字が読めないことによるこのようなミスが少なからずあります。
韓国語には漢字語が多いにもかかわらず、漢字を捨ててしまいました。
そのデメリットは、自国の文化を深く習得する上で、大きな妨げとなっていると思います。
ウェブをざっと見ても、このことに気がついている韓国人もいないようです。


このような同音異義語は、漢字圏の人なら「漢字教えて!」といえば意味もわかりますが、表意文字で発展した文化を表音文字のハングルに頼ってしまうと、自ずと限界が生じてしまいます。
最近では漢字を学習した小学生のほうが、大人よりも漢字を知っているらしいですが、東アジアの文化を知る上でも良い傾向だと思います。
そろそろ韓国もいい意味で内向きになってほしいものです。

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ



コメントの投稿

非公開コメント

トンイ考・カテゴリー
トンイ考・最近の記事
トンイ考・記事一覧
トンイ考・トラックバック
トンイ考・リンク
プロフィール

さくさく

Author:さくさく
本業はアジアを駆け巡る旅人で、アジアン雑貨のネットショップオーナーです。
タイにはしょっちゅう行くのですが、実は韓国へは一度しか行ったことがありません(笑)

数えたことはありませんが、週に20時間、累計100本以上の韓国ドラマを見ていると思います。
ここ数年は、20話程度のミニシリーズではもの足りず、大河ドラマ(時代劇)や150話程度の日々ドラマにはまっています。

スポンサーリンク
トンイDVD・ガイド本
トンイの公式ガイドブック
トンイ考・ブログ内検索
トンイ カウンター
トンイ考・最近のコメント
トンイ考・月別アーカイブ
トンイ考・RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。