スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣契(コムゲ)とは?

ドラマ初期の重要なファクターで、トンイの父や兄・が所属していた団体が剣契(コムゲ:검계)です。
この団体は一体どんなものだったのでしょうか?


もともと朝鮮の伝統的な相互扶助の仕組みとして契(ケ:계)があります。
これは、冠婚葬祭や農機具の共同使用など、生活に関する相互扶助で、暴力的なものではありません。
日本でも村落単位で同じようなことがされていたので、イメージは掴めるのではないでしょうか。


方や剣契(コムゲ:검계)ですが、葬儀費用の相互負担団体香徒契(ヒャンドゲ:향도계)が母体になり、実際に粛宗(スクチョン)の時代に暗躍した記録があります。

ドラマの設定とは数年前後しますが、1684年(粛宗10年)の粛宗実録の記載が公式には初めてのものです。
このことは、劍契殺主契事件(コムゲ・サルジュゲサゴン:검계·살주계사건)として有名な話です。


劍契殺主契事件(コムゲ・サルジュゲサゴン:검계·살주계사건)

1684年(粛宗10年)に日本から送られた国書が事件の発端となりました。

1592~1598年にわたる秀吉の朝鮮出兵、そののちの1630年代、明を滅亡に追い込んだ、蛮族と見ていた女真族の中国王朝からの侵略と、度重なる国難で心身ともに疲弊し後遺症に悩んでいました。

そんなさなか、台湾に逃れた明の遺臣が朝鮮に攻めてくるという日本の国書の内容が風聞として広まり、秀吉の朝鮮出兵の時と同じように、ソウルから逃げ出す民が続出しました。

その財産を狙い民を襲ったのが劍契殺主契でした。


朝鮮の三大盗賊の一人張吉山(チャン・ギルサン:장길산)が朝鮮北部で暗躍していたのも、この十年後なので、トンイが生きた時代が、王朝の権威が失墜した不安定な時代であったことが見て取れます。



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術



コメントの投稿

非公開コメント

とても良かったです。時代の様子がわかりました。
トンイ考・カテゴリー
トンイ考・最近の記事
トンイ考・記事一覧
トンイ考・トラックバック
トンイ考・リンク
プロフィール

さくさく

Author:さくさく
本業はアジアを駆け巡る旅人で、アジアン雑貨のネットショップオーナーです。
タイにはしょっちゅう行くのですが、実は韓国へは一度しか行ったことがありません(笑)

数えたことはありませんが、週に20時間、累計100本以上の韓国ドラマを見ていると思います。
ここ数年は、20話程度のミニシリーズではもの足りず、大河ドラマ(時代劇)や150話程度の日々ドラマにはまっています。

スポンサーリンク
トンイDVD・ガイド本
トンイの公式ガイドブック
トンイ考・ブログ内検索
トンイ カウンター
トンイ考・最近のコメント
トンイ考・月別アーカイブ
トンイ考・RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。