スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シム・ウンテク 新キャラのモデルは?

トンイ24話の第2のギミックはキム・ドンユン(김동윤)扮する沈雲澤(シム・ウンテク:심운택)

tongyi-24sim.jpg

彼は架空の人物ですが、そのキャラクターには実在のモデルがいます。
それは、金春澤(キム・チュンテク:김춘택:1670~1717)です。


キム・ヘス版チャン・ヒビンを見た方ならわかると思うのですが、淑嬪崔氏(スクピンチェシ:トンイのこと)と共に、閔氏(ミンシ:민씨:廃庶人となった仁顕王后)の復位運動(「閔氏重定運動」)を展開していたのが、まさに彼です。
彼は、謝氏南征記(サシナムジョンギ:사씨남정기)の作者・金萬重(キム・マンジュン)の兄の孫にあたります。

謝氏南征記(サシナムジョンギ:사씨남정기)については別ブログ韓国の歴史に詳しくまとめています。

tongyi-24.jpg



老論(西人の一派)の名門の出身ながら、生涯を通じて官職につくことはありませんでした。
また、3度も獄につながれ、5度も流刑にと、波乱万丈の人生を送りました。


1888年、第26代朝鮮王・高宗(コジョン:고종)の御代、領議政(ヨンウィジョン:영의정)沈舜澤(シム・スンテク:심순택)の懇願により、吏曹判書(イジョパンソ:이조판서)として追贈されました。
また、忠文(チュンムン:충문)という諡號(シホ:시호)を受けました。


ここまでの記述で、イ・ビョンフン監督の新たなギミックのタネが分かりましたか?

トンイに登場するのは
沈雲澤(シム・ウンテク:심운택)

実在の人物は
金春澤(キム・チュンテク:김춘택)

彼の身分を回復させたのは
沈舜澤(シム・スンテク:심순택)

誰が誰だかわからなくなるほど似ていませんか?


金春澤(キム・チュンテク:김춘택)について調べているときに偶然気づいたのですが、ここまで来ると作家さんか監督、どちらかの確信的犯行に違いありません!
韓国人もほとんど気がついてないと思われるギミック。
楽しませてくれますね~(笑)

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ



コメントの投稿

非公開コメント

トンイ考・カテゴリー
トンイ考・最近の記事
トンイ考・記事一覧
トンイ考・トラックバック
トンイ考・リンク
プロフィール

さくさく

Author:さくさく
本業はアジアを駆け巡る旅人で、アジアン雑貨のネットショップオーナーです。
タイにはしょっちゅう行くのですが、実は韓国へは一度しか行ったことがありません(笑)

数えたことはありませんが、週に20時間、累計100本以上の韓国ドラマを見ていると思います。
ここ数年は、20話程度のミニシリーズではもの足りず、大河ドラマ(時代劇)や150話程度の日々ドラマにはまっています。

スポンサーリンク
トンイDVD・ガイド本
トンイの公式ガイドブック
トンイ考・ブログ内検索
トンイ カウンター
トンイ考・最近のコメント
トンイ考・月別アーカイブ
トンイ考・RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。