仁顕王后(イニョンワンフ)

仁顕王后(イニョンワンフ:인현왕후)はトンイの中でも大変人気のあるキャラクターだと思います。
今回演じているパク・ハソンも、キム・ヘス版張禧嬪(チャン・ヒビン:장희빈)のパク・ソニョンも貞淑な中殿(チュンジョン:중전)を演じています。


今回彼女についてまとめる時、トンイこと淑嬪崔氏(スクビンチェシ:숙빈최씨)との差を感じることとなりました。
それは、資料の量。
淑嬪崔氏(スクビンチェシ:숙빈최씨)については1ページで済みましたが、仁顕王后(イニョンワンフ:인현왕후)については2ページになりました。
ちなみに張禧嬪(チャン・ヒビン:장희빈)については3ページです。


チャン・ヒビンは特別なので置いておくとして、やはり名門から中殿になる人のほうが資料は多いです。
淑嬪崔氏(スクビンチェシ)などは、幼少時の経歴などは「史実であろう」「史実の可能性が高い」というレベルで、確定までには至りませんが、仁顕王后(イニョンワンフ)レベルになると、両親の出自もはっきりしています。


朝鮮は男尊女卑の儒教国家ですので、記録が残っていても男の記録の付属的なもので、中殿とはいっても粛宗実録の登場人物として出てくるに過ぎません。


彼女の家門は驪興閔氏(ヨフンミンシ:여흥민씨)といって、韓国時代劇ファンなら誰もが知っているであろう中殿を輩出した家柄です。
そのあたりも次に記述しようと思っているテーマと絡んでくるので、チェックしておいていただければと思います!


仁顕王后(イニョンワンフ:인현왕후)1

仁顕王后(イニョンワンフ:인현왕후)2

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ



コメントの投稿

非公開コメント

トンイ考・カテゴリー
トンイ考・最近の記事
トンイ考・記事一覧
トンイ考・トラックバック
トンイ考・リンク
プロフィール

さくさく

Author:さくさく
本業はアジアを駆け巡る旅人で、アジアン雑貨のネットショップオーナーです。
タイにはしょっちゅう行くのですが、実は韓国へは一度しか行ったことがありません(笑)

数えたことはありませんが、週に20時間、累計100本以上の韓国ドラマを見ていると思います。
ここ数年は、20話程度のミニシリーズではもの足りず、大河ドラマ(時代劇)や150話程度の日々ドラマにはまっています。

スポンサーリンク
トンイDVD・ガイド本
トンイの公式ガイドブック
トンイ考・ブログ内検索
トンイ カウンター
トンイ考・最近のコメント
トンイ考・月別アーカイブ
トンイ考・RSSフィード