トンイ視聴率

トンイは明日で28話ですね。
粛宗との再会なるか?というところから始まって・・・
これ以上いうとネタバレになるのでやめておきます(笑
けど、この回を見なければ一生後悔するので、よる9時前にはTVの前でスタンバイしておきましょう!


さて、今回は韓国での視聴率推移を紹介します。
日本での視聴率も知りたいところですが、「トンイ」というキーワードでの検索数が多くないことからもわかるとおり、そんなに上がってないと思います。


★韓国でのトンイ視聴率グラフ★  拡大画像あります

tongyishityouritu.jpg

視聴率を調査している会社は複数あって、3%前後数字が違うのですが、今回はAGBの物を紹介しています。
どうですか?
実は前回26話がピークだったのです。
そこから少し落ちてるのは、粛宗とトンイがなかなか再開しないので、パルリパルリな韓国人がイライラした証拠です(笑


今放送されているあたりが視聴率のピークです。このあと急降下が待っているのですが、内容も停滞した上に、出演者チェ・チョロの暴力事件による降板、ワールドカップの放送、裏番組ジャイアントの人気上昇などがありました。
実際40話前後はイマイチな内容でした。


ただ、韓国人と日本人の面白さのツボは違いますし、男性のボクと女性視聴者のツボも違うと思います。
なので、韓国での視聴率は参考程度にしておいてください!


テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トンイ

イ・サンの2時間前には 先日来日していたハン・ヒョジュ主演の トンイを見ています。 こちらも、イ・サンと同じイ・ビョンフン監督の 作品です。 だからフィクションもたくさん入ってます。 背景がチャン・ヒビンと同じなので...

トンイの視聴率

韓国でのトンイの視聴率がトンイ考にのってました。 今日本でやっているあたりがピー

コメントの投稿

非公開コメント

オラボニ対決?!

やっとトンイと王様が再会できてよかったです♪

また質問がムクムクと湧きました。
ご教示戴ければうれしいです。

劇中、オラボニと呼ばれる存在が、トンイにはチャ・チョンス兄さん、

禧嬪には張希戴がいますが、

今は廃妃となっている仁顕王后にも、史実ではオラボニがいるのですよね、
閔鎮厚という名前ですか。

歴代の王と王后、功臣の位牌を祭祀している宗廟のWikipedia日本語版をみていると、

禧嬪の息子である景宗と同じ室に、
功臣として閔鎮厚の名前があるのですが、

どうしてよりによって景宗と同じ室に、
仁顕王后のオラボニが功臣として祭祀されているのでしょうか?

トンイでは仁顕王后のオラボニは出てこないので、

心づよい身内のいない仁顕王后の描かれ方がお気の毒です。

閔鎮厚とは、どういう人物だったのでしょうか。

今回もまたトンイには出てこない人物で申し訳ないですが、

よろしくお願いいたします。

Re: オラボニ対決?!

閔鎮厚(ミン・ジヌ:민진후)とは、なかなかレアな人物をを突いて来ましたね(笑)
存命期間は1659年~1720年ですから粛宗と同じ年に亡くなっていますね。

西人・老論(ソイン・ノロン)の領袖の家の生まれで、宋時烈(ソン・シヨル)の門下です。
仁顕王后(イニョンワンフ:인현왕후)が宮廷を追われたときに、同じように島流しになっていて、中殿に復権したときに彼も復帰しています。
粛宗は根こそぎちゃぶ台をひっくり返しているので、仁顕王后を守ることが出来なかったのでしょうね~。


景宗の功臣になっているのには2つの理由があります。

一つ目は、復帰した後、世子侍講院説書として景宗の教育係となっていること。
2つ目は、景宗は仁顕王后の子だったから。
「えっ」と思われました?

もちろん、実子ではありませんが、後宮の子は中殿の子なのです。
しかも実母が賜死となっているため、正当性を担保するために、当然ながら景宗は仁顕王后の子として扱われているのです。


景宗の代を待たずに彼はなくなっているので直接の功があるだけではありませんが、景宗の在位が短く、功臣としての適任者がいなかったのでしょうね。
教育係を務めた義理の叔父あたりが無難だったのではないでしょうか。



> やっとトンイと王様が再会できてよかったです♪
>
> また質問がムクムクと湧きました。
> ご教示戴ければうれしいです。
>
> 劇中、オラボニと呼ばれる存在が、トンイにはチャ・チョンス兄さん、
>
> 禧嬪には張希戴がいますが、
>
> 今は廃妃となっている仁顕王后にも、史実ではオラボニがいるのですよね、
> 閔鎮厚という名前ですか。
>
> 歴代の王と王后、功臣の位牌を祭祀している宗廟のWikipedia日本語版をみていると、
>
> 禧嬪の息子である景宗と同じ室に、
> 功臣として閔鎮厚の名前があるのですが、
>
> どうしてよりによって景宗と同じ室に、
> 仁顕王后のオラボニが功臣として祭祀されているのでしょうか?
>
> トンイでは仁顕王后のオラボニは出てこないので、
>
> 心づよい身内のいない仁顕王后の描かれ方がお気の毒です。
>
> 閔鎮厚とは、どういう人物だったのでしょうか。
>
> 今回もまたトンイには出てこない人物で申し訳ないですが、
>
> よろしくお願いいたします。

仁顕王后のオラボニが景宗の先生とは!

速攻のレスに感謝申し上げます。

今回も、明解なご教示にうなりました。
閔鎮厚は、学問の大家として、景宗の先生だったのですか。
子に恵まれなかった仁顕王后のオラボニとしては、
複雑な心境だったやもしれませんが、
子に罪はないもんですね。
景宗はなかなか聡明な子どもだったと何かで見た事があったので、
先生としては教えがいのある世子だったかもしれませんね。
いろいろと想像ができて楽しいです。

しかし、粛宗って本当に罪つくりな人物ですね。
仁顕王后・閔鎮厚兄妹といい、禧嬪張氏・景宗親子といい、
いくら王様でも、人の運命を翻弄しすぎです(笑)。

【追伸】昨夜の放送で、以前解説されていた唐ヘならぬ、温へのクローズアップをじっくりみました。
さくさくさんの解説がすぐ浮かびましたよ。
ほんとうに、多方面かつ細やかな解説に心酔しています。
ありがとうございます。

Re: 仁顕王后のオラボニが景宗の先生とは!

王というのは強権を持つ国家の中心というイメージがありますが、
実のところは、いつ臣下に反逆されるかわからないという恐怖心を
常に持っていたのではないかと思います。
実際過去に2例ありましたよね。

だから、その恐怖心の反動で、自分の身内になったものにまで
つらい人生を歩ませるような事をしたんでしょうね~。
今の常識で考えると、妻だった人を殺しちゃうなんて、ありえません
もんね(汗)


> 速攻のレスに感謝申し上げます。
>
> 今回も、明解なご教示にうなりました。
> 閔鎮厚は、学問の大家として、景宗の先生だったのですか。
> 子に恵まれなかった仁顕王后のオラボニとしては、
> 複雑な心境だったやもしれませんが、
> 子に罪はないもんですね。
> 景宗はなかなか聡明な子どもだったと何かで見た事があったので、
> 先生としては教えがいのある世子だったかもしれませんね。
> いろいろと想像ができて楽しいです。
>
> しかし、粛宗って本当に罪つくりな人物ですね。
> 仁顕王后・閔鎮厚兄妹といい、禧嬪張氏・景宗親子といい、
> いくら王様でも、人の運命を翻弄しすぎです(笑)。
>
> 【追伸】昨夜の放送で、以前解説されていた唐ヘならぬ、温へのクローズアップをじっくりみました。
> さくさくさんの解説がすぐ浮かびましたよ。
> ほんとうに、多方面かつ細やかな解説に心酔しています。
> ありがとうございます。
トンイ考・カテゴリー
トンイ考・最近の記事
トンイ考・記事一覧
トンイ考・トラックバック
トンイ考・リンク
プロフィール

さくさく

Author:さくさく
本業はアジアを駆け巡る旅人で、アジアン雑貨のネットショップオーナーです。
タイにはしょっちゅう行くのですが、実は韓国へは一度しか行ったことがありません(笑)

数えたことはありませんが、週に20時間、累計100本以上の韓国ドラマを見ていると思います。
ここ数年は、20話程度のミニシリーズではもの足りず、大河ドラマ(時代劇)や150話程度の日々ドラマにはまっています。

スポンサーリンク
トンイDVD・ガイド本
トンイの公式ガイドブック
トンイ考・ブログ内検索
トンイ カウンター
トンイ考・最近のコメント
トンイ考・月別アーカイブ
トンイ考・RSSフィード