スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

承恩尚宮 スンウンサングン

トンイ30話で、トンイはついに2回目の身分上昇を果たしましたね。
過程についてはフィクションですが、トンイこと淑嬪崔氏(スクビンチェシ:숙빈최씨)も、承恩尚宮を経て、正式に内命婦の一員となっています。

承恩尚宮については、すでに詳しく記述したと思っていたのですが、過去にチャン・ヒビン誕生 内命婦(ネミョンブ:내명부)とは?で少ししか触れていませんでしたので、あらためて説明します。


承恩尚宮(スンウンサングン:승은상궁)

特別尚宮(トゥクピョルサングン:특별상궁)とも呼ばれます。
承恩とは文字通り、恩を承ったという意味。
王の寵愛を受けた宮女が封ぜられる正五品の尚宮(サングン)です。

通常、一般の宮女である内人(ナイン)になるまでに15年かかり、さらに尚宮になるには内人(ナイン)として15年働かなければなれないため、はやくても尚宮には35・6歳まではなれませんでした。
その意味でも、王のお手つきとなった宮女は特別なのです。

子を設けるか、さらに寵愛を受ければ、正式に後宮の序列に加わります。
承恩尚宮の場合、専用の部屋やお付きの宮女が与えられ仕事も免除されますが、後宮との狭間の身分となります。

残念ながら後宮に属する運がなければ、尚宮の中で最も地位が高く、王の身辺の世話をする堤調尚宮(チェジョサングン:제조상궁)となることもあります。
これには理由があって、堤調尚宮は夜の営みに関することも業務の一つで、宮女の中でも実際に性行為を経験しているのは、承恩尚宮しかいないからです。

このことからもわかるように、ほとんどの宮女は男を知らず一生を終えました。
だからこそ宮女の至高の目標は王に見初められることです。
宮女だけでなく両班(ヤンバン)の子女も、宮廷に入ることを嫌ったため、早婚化に拍車がかかりました。
女としての幸せを考えれば、宮廷は伏魔殿だったのです。


さて、その伏魔殿で魔女に対峙することとなるトンイ
簡単には幸せになりそうにはありません。
今後どうなることやら。

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ



コメントの投稿

非公開コメント

全ては支配者の利権の為?

チェジョサングンですか…。内官といい、確かに伏殿魔。女官は王の女というのも、全ては王権(血筋)を守り存続させる為の仕組みですよね。
ところで李氏朝鮮時代のドラマを見ていつも思うのですが、あれほど親を敬う等、儒教精神の強い国でありながら、奴婢を人間扱いしない両班の対応に首をかしげたくなります。封建社会に身分制度はつきものですが、かなりキツク感じます。支配者が都合良く儒教を利用したというのが本当のところなのでしょうか。
李氏朝鮮ではどのようにして儒教が浸透していったのでしょうか? そもそも儒教とはどういう教えなのでしょうか?疑問です・。
さくさく先生―! お時間のある時にご教示頂ければ幸いです~(^o^)/

Re: 全ては支配者の利権の為?

儒教って結構な差別思想なんですよ。為政者のためのものといっても良いです。
中国が孔子を持ち上げて国威発揚しようとしていますが、根幹に差別的な思想が多いので、欧米からの反発は必至です。
このテーマはやりだすと大きくなりすぎるので、コンパクトにまとめて取り上げてみたいと思います。
しばしお待ちを~!

> チェジョサングンですか…。内官といい、確かに伏殿魔。女官は王の女というのも、全ては王権(血筋)を守り存続させる為の仕組みですよね。
> ところで李氏朝鮮時代のドラマを見ていつも思うのですが、あれほど親を敬う等、儒教精神の強い国でありながら、奴婢を人間扱いしない両班の対応に首をかしげたくなります。封建社会に身分制度はつきものですが、かなりキツク感じます。支配者が都合良く儒教を利用したというのが本当のところなのでしょうか。
> 李氏朝鮮ではどのようにして儒教が浸透していったのでしょうか? そもそも儒教とはどういう教えなのでしょうか?疑問です・。
> さくさく先生―! お時間のある時にご教示頂ければ幸いです~(^o^)/
トンイ考・カテゴリー
トンイ考・最近の記事
トンイ考・記事一覧
トンイ考・トラックバック
トンイ考・リンク
プロフィール

さくさく

Author:さくさく
本業はアジアを駆け巡る旅人で、アジアン雑貨のネットショップオーナーです。
タイにはしょっちゅう行くのですが、実は韓国へは一度しか行ったことがありません(笑)

数えたことはありませんが、週に20時間、累計100本以上の韓国ドラマを見ていると思います。
ここ数年は、20話程度のミニシリーズではもの足りず、大河ドラマ(時代劇)や150話程度の日々ドラマにはまっています。

スポンサーリンク
トンイDVD・ガイド本
トンイの公式ガイドブック
トンイ考・ブログ内検索
トンイ カウンター
トンイ考・最近のコメント
トンイ考・月別アーカイブ
トンイ考・RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。