スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢城府(ハンソンブ)地図

漢城府(ハンソンブ:한성부)とは朝鮮の首都で現在のソウルの中心部です。
同名で機関を指すこともありますが、今回は地域としての漢城府(ハンソンブ:한성부)を簡単に見てみます。

hansongbu.jpg

今のソウルに比べると、周囲約18kmと、ものすごく狭いです。実質は4km四方なので、どこも徒歩圏内ですね。
トンイの生きた時代には20万人弱が居住していたと予想されます。後年のイ・サンの御代には20万人を超えていたとの記録があります。

朝鮮の風水では、山を背にして王宮が建てられます。
城壁都市ですので、あたりまえですが、18kmの城壁に囲まれています。また、4つの山に囲まれ、4つの大門、4つの小門があります。

中心ではなく左上にずれていますが、本宮は景福宮(キョンボックン:경복궁)です。
ただ、1592年の壬申倭乱(イムジンウェラン:임진왜란)、日本で言う秀吉の朝鮮出兵の時に、民を捨てて逃げた王への憤怒から、民衆により燃やされてしまいました。

それ以降の270年間は離宮だった景福宮の東側の昌徳宮(チャンドックン:창덕궁)が本宮で、隣接する昌慶宮(チャンギョングン:창경궁)が離宮となります。この2つの宮殿も燃やされたのですが、再建され利用されました。
トンイを見る上では昌徳宮と昌慶宮だけ押さえておけば大丈夫です!


さて、けっこう勘違いをしている人が多いかもしれませんが、宮廷内には各官庁はありません
内医院(ネウィオン)などの内の付くような機関のほとんどは宮廷内にありますが、その他は宮廷外にあります。
※この地図はトンイのひ孫イ・サンのころの地図ですので、粛宗の時代にはないものも載っています。


景福宮のすぐ南の六曹(ユクジョ:육조)通りには主要官庁がずらっと並んでいます。
ちょっと離れて雲従街(ウンジョンガ)に左捕盗庁(チャポドチョン)・義禁府(ウィグンブ)、更に東に行くと右捕盗庁(ウポドチョン)があります。


ボクが個人的に注目しているのは、イ・ビョンフン トライアングルです。勝手に命名しました(笑)
地図内の雲従街(ウンジョンガ)の活字の下に「図画署(トファソ:도화서)」「惠民署(ヘミンソ:혜민서)」「掌楽院(チャンアグォン:장악원)」の3機関が集中しているんです。
図画署はイ・サン、惠民署はホ・ジュン、掌楽院はトンイと、イ・ビョンフン監督作品の主要舞台となった場所なのです。
単なる偶然なのでしょうが、この事実を知ったときには、ちょっとときめいてしまいました!


ソウルに住む韓国人なら、このような位置関係は周知の事実なのでしょうが、日本人にはなかなかわかりにくいですよね。
この地図が、作品を鑑賞する上での一助になればと思います。
後日、宮廷バージョンも製作する予定です。
しばしお待ちを~。

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ



コメントの投稿

非公開コメント

城塞都市

見たかった地図なので、小梅、感激です!

大陸にある国は異国と地続きなので、異民族の侵入を防ぐ為か堅固な石造りですよね。私などは、韓国の時代劇ドラマで城塞を見ると、ヨーロッパの城塞都市を思い浮かべます。

数年前に燃やされたしまった南大門、あれはショックでした。大切な韓国の歴史の一部なのに、なんてこと…。燃やされる前に見ておいて良かったと思いましたよ、ホントに。

またいつか、ゆっくりとソウルを訪れてみたいと思っています。

Re: 城塞都市

そうですね。結果的にヨーロッパの城塞都市のような感じですね。
後年イ・サンが築城した華城も城壁都市ですもんね~。
いつ放火されるかわからないから、今のうちに全部見ておきたいところです(汗)

> 見たかった地図なので、小梅、感激です!
>
> 大陸にある国は異国と地続きなので、異民族の侵入を防ぐ為か堅固な石造りですよね。私などは、韓国の時代劇ドラマで城塞を見ると、ヨーロッパの城塞都市を思い浮かべます。
>
> 数年前に燃やされたしまった南大門、あれはショックでした。大切な韓国の歴史の一部なのに、なんてこと…。燃やされる前に見ておいて良かったと思いましたよ、ホントに。
>
> またいつか、ゆっくりとソウルを訪れてみたいと思っています。

ありがとうございました!

地図のおかげで、私の妄想に「具体性」が出てくることでしょう(笑)
ますます楽しめます。ありがとうございました。

「ビョンフントライングル」いいネーミングですねぇ。
身分は低いけれど、才能と強い意志と誠実さで、成功の道を歩んで行く…イ・ビョンフンならずとも、妄想が駆け巡ります(笑)
雲従街がすぐ近くにあるのも、なんだかワクワクしますね。
まさに「活気ある場所」だったのでしょう。

ところで、掌楽院は宮廷から1~2kmってとこでしょうか。
移動には近い距離ですが、食事が運ばれて来るには遠いような…。

また、粛宗はどの辺りで、最初のヘグムの音を聴いたのでしょうね。
と、様々な疑問が湧いてきます。

粛宗の私家はなかったんですか。へ~。
葉山御用邸のように、もっと気楽な、仕事が一段落した時に休暇で行く別荘のようなものと思っていました。
DVDが今手元にないので確認できませんが…場所を特定するようなヒントはなかったような気がします…。残念。

Re: ありがとうございました!

地図で位置関係がわかると、御食はどっから持ってきたんだ?って
新たな疑問が湧いてきたりしますね!
結局いろんなエピソードがフィクションだってことがわかります(笑)
ただ、掌楽院ではなく、宮廷で演奏するときの楽師の詰所だって
イ・ビョンフン監督が言っちゃったら、そうなりますね!

葉山御用邸。
なかなかいい線ついてますよ~。
次に出てくる地図で全貌が明かされます(ニヤリ!)


> 地図のおかげで、私の妄想に「具体性」が出てくることでしょう(笑)
> ますます楽しめます。ありがとうございました。
>
> 「ビョンフントライングル」いいネーミングですねぇ。
> 身分は低いけれど、才能と強い意志と誠実さで、成功の道を歩んで行く…イ・ビョンフンならずとも、妄想が駆け巡ります(笑)
> 雲従街がすぐ近くにあるのも、なんだかワクワクしますね。
> まさに「活気ある場所」だったのでしょう。
>
> ところで、掌楽院は宮廷から1~2kmってとこでしょうか。
> 移動には近い距離ですが、食事が運ばれて来るには遠いような…。
>
> また、粛宗はどの辺りで、最初のヘグムの音を聴いたのでしょうね。
> と、様々な疑問が湧いてきます。
>
> 粛宗の私家はなかったんですか。へ~。
> 葉山御用邸のように、もっと気楽な、仕事が一段落した時に休暇で行く別荘のようなものと思っていました。
> DVDが今手元にないので確認できませんが…場所を特定するようなヒントはなかったような気がします…。残念。
トンイ考・カテゴリー
トンイ考・最近の記事
トンイ考・記事一覧
トンイ考・トラックバック
トンイ考・リンク
プロフィール

さくさく

Author:さくさく
本業はアジアを駆け巡る旅人で、アジアン雑貨のネットショップオーナーです。
タイにはしょっちゅう行くのですが、実は韓国へは一度しか行ったことがありません(笑)

数えたことはありませんが、週に20時間、累計100本以上の韓国ドラマを見ていると思います。
ここ数年は、20話程度のミニシリーズではもの足りず、大河ドラマ(時代劇)や150話程度の日々ドラマにはまっています。

スポンサーリンク
トンイDVD・ガイド本
トンイの公式ガイドブック
トンイ考・ブログ内検索
トンイ カウンター
トンイ考・最近のコメント
トンイ考・月別アーカイブ
トンイ考・RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。