指輪の秘密

トンイ31話。
粛宗が遂にトンイにプロポーズをしました。
その証として玉の指輪(オクカラクジ:옥가락지)を手渡しましたね。
さて、この指輪にはどんな意味が込められていたのでしょう?

オクカラクジ


韓国語のわかる人なら「指輪はパンジ(반지)では?」と思ったかも知れません。
この言葉の差がとても重要なのです。

カラクジ(가락지)は2対の指輪が1組となっているものをいい、既婚女性がつけるものです。
一方、パンジは「半指」や「斑指」と書き、単品のものをいい、未婚者が付けるものなのです。

ひょっとするとパンジとはまだ嫁に行っていない半人前という意味があるのかも知れませんね。


この事実を粛宗が知っていたのか知らなかったのか?

それは定かではありませんが、知っていたなら深層心理でトンイと婚姻することをわかっていたということになりますよね?
既婚者が付けるものを買ったのですから!


この指輪はトンイと市場で出会ったときに買ったということですが、まだ監察部内人(カムチャルブナイン)になる前ですよね?

王が褒美を下すのも自分(漢城府判官)が買うのも似たようなものだって言った時ですかね?

今回の粛宗のセリフの中に「その時はわからなかった」とありましたが、カラクジ(가락지)を買ってるあたり、さすが粛宗としかいいようがありません!


このカラクジ(가락지)は、トンイの息子・英祖(ヨンジョ)が形見として受け継ぎ、ドラマ イ・サンでは英祖からソンヨンに受け継がれます。

ソンヨンもトンイと似たような境遇からイ・サンの嬪(ピン:빈)になる女性。
英祖自ら孫の嫁になってくれと、直接意思表示をしているのですよね~。
もちろんフィクションですが、ストーリーとしてはものすごく秀逸です!


ところで、指輪については、イ・サンの時の使い回しで、仁顕王后(イニョンワンフ:인현왕후)がつけていただの、トンイが受け取ったものだのと、憶測が飛び交っていますが、トンイの放送終了後の2010年10月に、両ドラマの美術を手がけたMBC美術センターのイ・ヘラン次長がインタビューの答えとして

「使い回しが出来ればどんなにいいことか!」

と、使い回しではないことを公式に発言しています。


ちなみに、この玉の指輪(オクカラクジ:옥가락지)ですが、安いものなら千円ちょっとからあります。過去に高価だった玉などは、現代では安く入手できます。

仁寺洞(インサドン)のおみやげ屋さんで買おうとしたら、韓国人の友達に「おばあさんみたい」って言われました。
現代ではそんなイメージなんでしょうね~(笑)


次回の記事では、彼女のインタビュー内容をちょっと紹介したいと思います。


追記:ドラマで使われているのは特注品で高価なものです。

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ



コメントの投稿

非公開コメント

オクカラクジ

おばあちゃんみたいってあんまりですねー(笑)確かに今でも香港辺りのオババたちはジャラジャラと純金や翡翠のアクセサリーをつけてますから、遊牧民族の伝統なんでしょうね。なんでも彼らは有事の際に財産を全て身に付けて逃げられるようにしていた名残なんだとか。中でも換金性の高い純金が重んじられ、魔除け厄除けに効果があるとされた翡翠の人気があるそうで、今でも中国系の、特に女の子は翡翠のお守りペンダントをしていることが多いですね。だから、属国だった朝鮮でも翡翠が好まれたのは想像にかたくありません。が、王様、いつ市場なんか行ったんですか?と私も考えてしまいました。まあ、内人になるというのは、王との擬似婚姻関係に入るわけだから、そのためにトンイのオクカラクジを手に入れていてもいいけど、ドラマの展開や時間軸から見ると私にも些か疑問が湧きます。

粛宗のぎごちないプロポーズは、見ている方が恥ずかしかったです。
二つ重なった指輪は、既婚者用なのですね。勉強になりました。

劇中、チョンマ山と呼ばれた断崖の上で抱き合う王様とトンイの風景は、美しかったですね。
一幅の絵のようでした。

Re: オクカラクジ

おそらくお祖母ちゃん世代は昔の風習の名残でつけている人が多いのかも知れません。
だから、僕の友達もそう言ったのだと思います。そんな事知らないですもんね~。2005年のことでした。

たしかに、王が王宮内の母や先王の女性以外に指輪を贈るとなると、カラクジのほうが理にはかなってますね~。名目上は自分の奥さんですもんね。
うむ~。
31話では粛宗は婚姻って言葉を使っていたから、それもまたおかしな話ですよね~。
現代的感覚をドラマに入れると、やはり辻褄は合わなくなるものですね!

> おばあちゃんみたいってあんまりですねー(笑)確かに今でも香港辺りのオババたちはジャラジャラと純金や翡翠のアクセサリーをつけてますから、遊牧民族の伝統なんでしょうね。なんでも彼らは有事の際に財産を全て身に付けて逃げられるようにしていた名残なんだとか。中でも換金性の高い純金が重んじられ、魔除け厄除けに効果があるとされた翡翠の人気があるそうで、今でも中国系の、特に女の子は翡翠のお守りペンダントをしていることが多いですね。だから、属国だった朝鮮でも翡翠が好まれたのは想像にかたくありません。が、王様、いつ市場なんか行ったんですか?と私も考えてしまいました。まあ、内人になるというのは、王との擬似婚姻関係に入るわけだから、そのためにトンイのオクカラクジを手に入れていてもいいけど、ドラマの展開や時間軸から見ると私にも些か疑問が湧きます。

Re: タイトルなし

本来は、王だから一方的な行動に出るのでしょうが、あの描写は
粛宗の夢でもある一人の男がかなったということなのでしょうね!

あの崖を見ると、逆に事故など起きなかったのかなと、いらぬ
心配をしてしまいます。
そんな話は聞かないから問題なしだったのでしょうね!

> 粛宗のぎごちないプロポーズは、見ている方が恥ずかしかったです。
> 二つ重なった指輪は、既婚者用なのですね。勉強になりました。
>
> 劇中、チョンマ山と呼ばれた断崖の上で抱き合う王様とトンイの風景は、美しかったですね。
> 一幅の絵のようでした。

はじめまして。

こんばんは!
いつも日曜の夜とトンイ考の更新を楽しみにしています。

31話もすごく楽しかったです!
でも私は、崖の上のシーンと言えば、位牌にお父さんとお兄ちゃんの名前がしっかり記してあったのにびっくりして印象を全部持って行かれたような。
位牌だから当たり前なんですけれど、ほんとにここに王様が居合わせていいのかっ!?と…。
多分あの後王様はトンイと一緒に帰りますよね。トンイがどうやって上手く片付けたんだろうとあれこれ想像して面白かったです。

ところで、王様にトンイの居場所を教えたチョンス兄さんですが、捕盗庁のオジャギンだったのが捕盗庁の武官になり、今や内禁衛の武官ですよね。
オジャギンから武官への転身って現実でもあり得たことなんですか?
トンイのように免賎されたら可能になるのでしょうか。

それから『イ・サン』ではテスが必死に勉強して、かろうじて武科の試験に合格して武官になりましたが、ドラマに描かれてないだけでチョンスも武科の試験を受けたのでしょうか。
それとも捕盗庁の武官は採用の仕方が違ったのでしょうか?

長々とすみません。
またお手すきの時にでも教えてやって下さい。

Re: はじめまして。

こちらこそはじめまして!

チョンスオラボニですが、あの時代は武官になれたんですよ!
ある程度資料をまとめていますので、明日にでも記事にしますね。


> こんばんは!
> いつも日曜の夜とトンイ考の更新を楽しみにしています。
>
> 31話もすごく楽しかったです!
> でも私は、崖の上のシーンと言えば、位牌にお父さんとお兄ちゃんの名前がしっかり記してあったのにびっくりして印象を全部持って行かれたような。
> 位牌だから当たり前なんですけれど、ほんとにここに王様が居合わせていいのかっ!?と…。
> 多分あの後王様はトンイと一緒に帰りますよね。トンイがどうやって上手く片付けたんだろうとあれこれ想像して面白かったです。
>
> ところで、王様にトンイの居場所を教えたチョンス兄さんですが、捕盗庁のオジャギンだったのが捕盗庁の武官になり、今や内禁衛の武官ですよね。
> オジャギンから武官への転身って現実でもあり得たことなんですか?
> トンイのように免賎されたら可能になるのでしょうか。
>
> それから『イ・サン』ではテスが必死に勉強して、かろうじて武科の試験に合格して武官になりましたが、ドラマに描かれてないだけでチョンスも武科の試験を受けたのでしょうか。
> それとも捕盗庁の武官は採用の仕方が違ったのでしょうか?
>
> 長々とすみません。
> またお手すきの時にでも教えてやって下さい。

ありがとうございます!

こういう場に投稿するのは12、3年振りだったもので、「コメントを書く」を開くのに数週間(その間にチョンスが内禁衛の武官になってしまいました)、コメントを入力した後「投稿する」を押すのに数分を要しました。
最後は清水の舞台から…の心境で投稿したのですが、思い切ってよかったです!
取り上げていただけるなんて感激です!

楽しみにしています!

実は、あつかましくももう一つ教えていただきたいことが…。

青い装束の官吏に「ヨンガム」
赤い装束の官吏に「ナウリ」
は誤りなんですか?

「ヨンガム」は以前「王の呼称」の回に出てきた「令監」でしょうか。
「ヨンガム」も「ナウリ」も呼称なんですかね。

漢城府の判官は「ナウリ」なんですか?

装束の色の違いは品階によるものでしょうか。
だとしたらどのラインで分かれるのですか?

一つと言いながら次々と申し訳ありません。
合間で構いませんので、またお教え下さい。

Re: ありがとうございます!

お気楽に、どんどん書き込みしてください!

はい、あの記事にあった用語です。
簡単に書くと、呼称と官服の色は 下記のとおりです。

大監(テガム)・赤 > 令監(ヨンガム)・赤 > ナウリ・青・緑

大監は正2品以上、令監は従2品と正3品の堂上官(タンサングァン)、それ以下はナウリと呼ばれます。
官服の色は品階で決まっていますので、正三品の堂上官以上だと赤、それより下の従6品までが青、正7品以下は緑となります。
面倒なのは堂上官の区切りで、正3品でも堂上と堂下(タンハ)があります。
簡単にいうと会議の時に王のそばに座れるものが堂上官です。

漢城府の判官は2人いて、ともに従5品です。(二人いるから会えなかったってエピソードがありましたよね!)
官服を着るなら青になります。

ちょっとややこしいですね!


> こういう場に投稿するのは12、3年振りだったもので、「コメントを書く」を開くのに数週間(その間にチョンスが内禁衛の武官になってしまいました)、コメントを入力した後「投稿する」を押すのに数分を要しました。
> 最後は清水の舞台から…の心境で投稿したのですが、思い切ってよかったです!
> 取り上げていただけるなんて感激です!
>
> 楽しみにしています!
>
> 実は、あつかましくももう一つ教えていただきたいことが…。
>
> 青い装束の官吏に「ヨンガム」
> 赤い装束の官吏に「ナウリ」
> は誤りなんですか?
>
> 「ヨンガム」は以前「王の呼称」の回に出てきた「令監」でしょうか。
> 「ヨンガム」も「ナウリ」も呼称なんですかね。
>
> 漢城府の判官は「ナウリ」なんですか?
>
> 装束の色の違いは品階によるものでしょうか。
> だとしたらどのラインで分かれるのですか?
>
> 一つと言いながら次々と申し訳ありません。
> 合間で構いませんので、またお教え下さい。
トンイ考・カテゴリー
トンイ考・最近の記事
トンイ考・記事一覧
トンイ考・トラックバック
トンイ考・リンク
プロフィール

さくさく

Author:さくさく
本業はアジアを駆け巡る旅人で、アジアン雑貨のネットショップオーナーです。
タイにはしょっちゅう行くのですが、実は韓国へは一度しか行ったことがありません(笑)

数えたことはありませんが、週に20時間、累計100本以上の韓国ドラマを見ていると思います。
ここ数年は、20話程度のミニシリーズではもの足りず、大河ドラマ(時代劇)や150話程度の日々ドラマにはまっています。

スポンサーリンク
トンイDVD・ガイド本
トンイの公式ガイドブック
トンイ考・ブログ内検索
トンイ カウンター
トンイ考・最近のコメント
トンイ考・月別アーカイブ
トンイ考・RSSフィード