スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経筵(キョンヨン) カットされた名場面

経筵(キョンヨン:경연)重臣・文官たちが王に対して儒学や歴史についての講義を行う勉強会。
トンイ第32話はそんなシーンから始まりました。


前日の出来事を思い出しつつ、笑みどころか白い歯を見せつつ、右ななめ上を眺めながら終始ニヤついている粛宗(スクチョン:숙종)
どうしたものかと尚膳(サンソン:상선)も困り顔。
遂にはたまりかねた都承旨(トスンジ: 도승지)が

「御心が落ち着かれないご様子。もうやめにいたしましょうか?」

というと、粛宗は

「落ち着かないとは!全部聞いているぞ」

といって、直近に受けた講義の漢語を読み下し、担当の官吏の間違いまでも指摘してしまう。
そしてまた、思い出し笑いを続ける粛宗であった。



はい、これがオリジナルの冒頭部分で、先日の放送では残念ながらカットされた箇所です。
ニヤニヤせずにはいられないこんな名場面をカットするなんて・・・。
DVDの売上の売上を考慮してのことでしょうか?(汗)


さて、その経筵(キョンヨン:경연)ですが、いったいどんなものだったのでしょうか?

朝鮮の王は近年の受験生以上に過酷な勉強を強いられています。
なんと、朝・昼・晩と、この経筵(キョンヨン:경연)はあるのです。
ドラマでは朝講(チョガン:조강)という朝の講義が取り上げられることが多い気がしますが、昼講(チュガン:주강)と夕講(ソッカン:석강)とあるわけです。

科目は主に儒学と歴史です。前者は四書五経を注釈書を使って学び、後者は主に通読を行いました。

経筵(キョンヨン:경연)ヘの参加者は10名ほどで、重臣の三政丞(サムジョンスン:삼정승)や王の秘書である6名の承旨(スンジ: 승지)や他の要職者も参加し、弘文館[ホンムングァン:홍문관] の官吏や史官が講義を担当しました。

経筵は経筵政治ともいわれるのですが、講義が終わったのち、参加している重臣たちと、政治的協議を行いました。
NHK版トンイ32話の冒頭では、経筵で話し合った市場や兵についての政治判断を都承旨(トスンジ: 도승지)に伝えているところだったのです。

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ



コメントの投稿

非公開コメント

うう~む…

カットって、ファンにとっては非情だ…。民放の韓流ドラマはもっとカットされているし…。くくく・っ。

後で完全版が放送されるのでしょうが、視聴率だか売上げだか、この回りくどい放送の仕方を何とかできないものなんでしょうかしら。気持ち良くストレートな放送にして欲しい小梅ちゃんです。

こんにちは。
私は某動画無料サイトで40話くらいまで先にみてしてしまっているので、その場面は観ましたが、カットに気づきませんでした(汗)。さくさくさんのご指摘で、あっ!と(^^;)
カットはいやですね。いろいろ事情はあるのでしょうが。。。


ところで、また質問です。
いつも韓国のドラマをみていると、宮殿も賤民の家も、部屋の中の床が、ベージュのなんとも味のない粗雑なチープな感じを受けます。
韓国は寒い国ですし、あんなんで冷たくないのかな?と、思わずブルッとしてしまいます。
寒さはどのようにしのげたのでしょう?宮殿にはオンドルとかあったんでしょうか?


また、日本統治以前までの朝鮮は非常に衛生観念が低かったとききました。
汚物は道のいたるところにポイ捨てされていたとか、、、。悪臭がすごかったとか、風呂もなかったとか。

宮殿にはさすがに厠や風呂はあったんでしょうか?


宜しくお願いします。

それは残念!

お久しぶりです。

あの名シーンがカットとは…製作スタッフにホントの「トンイファン」はおらぬのか!
テレビは全く見てないんですが、ひょとしてその後の「男は浅黒い方がよいであろう?」はどうでした?これもカット?
どちらも、粛宗のトンイに対する純愛度がうかがえる、微笑ましいシーンですよね。
粛宗の聡明さもうかがえますし。

でもホントは出会ったその日に「モノ」にして、
トンイの後にも別な女を孕ませたんでしたよね…(苦笑)
聞かなきゃよかった「史実」もありますね、さくさく先生!(笑)

ところで、この講義についての解説ありがとうございました。
「何なのかな?」とずっと思ってましたから。
王様は成人したら勉強なんてしなくていいってイメージでしたから。
実際は勉強漬けの日々だったのですね。それじゃ走るヒマもありませんね(笑)

粛宗も大変聡明だったと何かで読みましたが、それを示す何かエピソードはありますか?
まぁ、15歳で即位したにも関わらず、「垂簾政治を行わなかった唯一の王」ってことが最大のエピソードかもしれませんが。

余談ですが、さくさく先生の「すすめ」を読んで、ついに「イ・サン」を見始めました。
今10日目で29話まで来ました。レンタルが人気でこの先時間がかかりそうです。

サンがあまりにも孤独なので、「この人に真の安らぎを与えたい!」と祈るように毎回見ております。
なのでパク・テスとの再会(テスが馬乗りになって殴りかかる)では号泣でした。

Re: うう~む…

民放のカットは半端ないですよね~。ちょっと内容を確かめたい時以外には見ないようにしています。
NHKって国民からお金とっているんだからそのぶんノーカットにして欲しいですよね!

> カットって、ファンにとっては非情だ…。民放の韓流ドラマはもっとカットされているし…。くくく・っ。
>
> 後で完全版が放送されるのでしょうが、視聴率だか売上げだか、この回りくどい放送の仕方を何とかできないものなんでしょうかしら。気持ち良くストレートな放送にして欲しい小梅ちゃんです。

Re: タイトルなし

床はオンドルなので、オンドル用の石を敷き詰めて、その上を黄土で覆ってます。覆わないと一酸化炭素中毒で死んじゃうのですが、少なからず死者は出ていたようです。
黄土の上は紙を貼ります。だからほとんどあの色なのでしょうね!
庶民の家も設備の大小はあるものの、同じです。だからオンドル用の薪をとりつくして、韓国は禿山が多かったといいます。

ちなみに景福宮には東温突(トンオンドル)や西温突(ソオンドル)と呼ばれる部屋がありました。朝鮮前記・中期のドラマを見ているとこの言葉が出てきます。


朝鮮初期はまだ良かったのでしょうが、後期になると人口密度も倍になって、庶民の家はひしめき合っていました。下水施設もなかったですし、江戸時代のように汚物を肥料に変えるサイクルも確立されていませんでした。江戸時代にはわざわざ排泄物が買われるほどでした。

庶民の家にも宮殿にも厠はありました。その処理は賤民が担いました。王と中殿は専用のティッシュの箱を大きくしたようなオマルを使っていました。
ただ、先に述べたように、人口密度が高まると、各家の厠も増え、それもまた密集するため、結構な臭いが発生したことでしょう。
道端に汚物というのは確認できませんでしたが、あったと思います。

衛生観念は江戸期の日本とは格段に差があったようです。
前述のように日本では排泄物はお金になっていたので、物の見事に処理されていました。
方や朝鮮ではそのような技術がなく、俗にいう味噌もクソもの状態でした。
現代でも韓国人が日本に来ると「ゴミが道端に落ちてない」って言いますもんね(笑)

王や両班は祭事の時には風呂のようなもので体を清めました。ただ、王は週に数度で、両班は月に1・2回でした。
庶民は体を拭く程度か川に浸かりに行く程度です。だから、冬の寒気が厳しい朝鮮では、ほとんど着の身着のままでした。


> こんにちは。
> 私は某動画無料サイトで40話くらいまで先にみてしてしまっているので、その場面は観ましたが、カットに気づきませんでした(汗)。さくさくさんのご指摘で、あっ!と(^^;)
> カットはいやですね。いろいろ事情はあるのでしょうが。。。
>
>
> ところで、また質問です。
> いつも韓国のドラマをみていると、宮殿も賤民の家も、部屋の中の床が、ベージュのなんとも味のない粗雑なチープな感じを受けます。
> 韓国は寒い国ですし、あんなんで冷たくないのかな?と、思わずブルッとしてしまいます。
> 寒さはどのようにしのげたのでしょう?宮殿にはオンドルとかあったんでしょうか?
>
>
> また、日本統治以前までの朝鮮は非常に衛生観念が低かったとききました。
> 汚物は道のいたるところにポイ捨てされていたとか、、、。悪臭がすごかったとか、風呂もなかったとか。
>
> 宮殿にはさすがに厠や風呂はあったんでしょうか?
>
>
> 宜しくお願いします。

Re: それは残念!

日傘はいらないって言った場面はちゃんとカットされずに放送されましたよ!
粛宗については、何かあれば紹介します。もっとも、王なので、バカだという記述はないと思います(笑)
イ・サン、いいですよね!世孫なのに次々と理不尽なことが起きて、やきもきします。おっしゃるように「安らぎ」をと願わずにいられません!けど・・・(先をお楽しみに!)

> お久しぶりです。
>
> あの名シーンがカットとは…製作スタッフにホントの「トンイファン」はおらぬのか!
> テレビは全く見てないんですが、ひょとしてその後の「男は浅黒い方がよいであろう?」はどうでした?これもカット?
> どちらも、粛宗のトンイに対する純愛度がうかがえる、微笑ましいシーンですよね。
> 粛宗の聡明さもうかがえますし。
>
> でもホントは出会ったその日に「モノ」にして、
> トンイの後にも別な女を孕ませたんでしたよね…(苦笑)
> 聞かなきゃよかった「史実」もありますね、さくさく先生!(笑)
>
> ところで、この講義についての解説ありがとうございました。
> 「何なのかな?」とずっと思ってましたから。
> 王様は成人したら勉強なんてしなくていいってイメージでしたから。
> 実際は勉強漬けの日々だったのですね。それじゃ走るヒマもありませんね(笑)
>
> 粛宗も大変聡明だったと何かで読みましたが、それを示す何かエピソードはありますか?
> まぁ、15歳で即位したにも関わらず、「垂簾政治を行わなかった唯一の王」ってことが最大のエピソードかもしれませんが。
>
> 余談ですが、さくさく先生の「すすめ」を読んで、ついに「イ・サン」を見始めました。
> 今10日目で29話まで来ました。レンタルが人気でこの先時間がかかりそうです。
>
> サンがあまりにも孤独なので、「この人に真の安らぎを与えたい!」と祈るように毎回見ております。
> なのでパク・テスとの再会(テスが馬乗りになって殴りかかる)では号泣でした。

やっぱり・・

NHKなら放送時間を何とか出来そうなのに
いつも残念に思います。

32話の礼賓寺で接待を受ける客の中に居たのは
日本の侍だと思うのですが、ちょんまげも裃も変でした。
韓国の方がイメージする侍はあんな感じで、
チョイ役だからあれでOKだったんでしょうか。
ちょっと調べれば違いが分かると思いますが
イ・ビョンフン監督の作品でもそこまでしないんですね。

Re: やっぱり・・

大河ドラマ江に出てきた朝鮮通信使もちょっとおかしかったので
あんまり言えないのですが、韓国のドラマのほうがヒドイですよね!
日本人を一人雇えばいいのにと思うのですが、予算を割り振れない
のでしょうね!

> NHKなら放送時間を何とか出来そうなのに
> いつも残念に思います。
>
> 32話の礼賓寺で接待を受ける客の中に居たのは
> 日本の侍だと思うのですが、ちょんまげも裃も変でした。
> 韓国の方がイメージする侍はあんな感じで、
> チョイ役だからあれでOKだったんでしょうか。
> ちょっと調べれば違いが分かると思いますが
> イ・ビョンフン監督の作品でもそこまでしないんですね。
トンイ考・カテゴリー
トンイ考・最近の記事
トンイ考・記事一覧
トンイ考・トラックバック
トンイ考・リンク
プロフィール

さくさく

Author:さくさく
本業はアジアを駆け巡る旅人で、アジアン雑貨のネットショップオーナーです。
タイにはしょっちゅう行くのですが、実は韓国へは一度しか行ったことがありません(笑)

数えたことはありませんが、週に20時間、累計100本以上の韓国ドラマを見ていると思います。
ここ数年は、20話程度のミニシリーズではもの足りず、大河ドラマ(時代劇)や150話程度の日々ドラマにはまっています。

スポンサーリンク
トンイDVD・ガイド本
トンイの公式ガイドブック
トンイ考・ブログ内検索
トンイ カウンター
トンイ考・最近のコメント
トンイ考・月別アーカイブ
トンイ考・RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。