スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粛宗の子供たちと朝鮮の少子化問題

トンイ考を記述する際に、いつも参考にしているのが、韓国の歴史学者キム・ジョンソン先生のレポートです。
俗説に惑わされず的確な分析をされているので、とても参考になります。
(日本が絡むと?という記述になることもありますが:笑)

先月か先々月だったか、数年前に発表した先生のレポートが朝鮮日報に掲載されていましたので、特に粛宗(スクチョン:숙종)にスポットライトを当てて紹介したいと思います。


chosonchild.jpg
朝鮮時代に応じの出生数。縦:人数、横:朝鮮王が第何代かを表しています。


一目瞭然で前期にはとても王子が多く、後期になると少子化問題を抱えています。
一番多いのはハングルを創製した第4代世宗(セジョン:세종)です。
おもしろいのは第2代定宗(チョンジョン:정종)。彼は弟で第3代太宗(テジョン:태종)の傀儡だったのに王子を量産しています。王統の維持という点ではあまり意味のないことでした。

第9代成宗(ソンジョン:성종)は廃妃尹氏(ペビユンシ)の夫で、2人の子が悪名高き第10代燕山君(ヨンサングン:연산군)です。
16人も王子がいるので、はなから違う王子を王にすればよかったのでしょうが、そうはいかないのが歴史なのでしょうね。
その後は、第14代宣祖(ソンジョン:선조)第16代 仁祖(インジョ:인조)とダメな王の時に王子が多いというのもおかしなところです。


さて、我らが粛宗(スクチョン:숙종)はというと、6人の王子を設けています。第19代ですので、赤線のところです。
ここで注視したいところは、祖父の第17代孝宗(ヒョジョン:효종)第18代顕宗(ヒョンジョン:현종)のところです。
直系の王統が途絶えるかも知れない一人っ子ならぬ一人王子しか設けませんでした。

子供の死亡率が高かった当時としては、まさに綱渡りです。
実際、粛宗は6男2女を設けていますが、王統を引き継いだ第20代景宗(キョンジョン:경종)第21代英祖(ヨンジョ:영조)以外は若くして夭折しています。

この祖父・父の代の少子化問題があった上、粛宗も長い間王子に恵まれなかったため、禧嬪張氏(ヒビンチャンシ:희빈장씨)が王子を産んだ時の功が、朝鮮式に言うと天よりも地よりも大きかったのです。
ドラマ・トンイではこのことは周知の事実として端折っている感がありますが、宮女上がりの張氏が中殿(チュンジョン:중전)にまでのし上がれたのには、3代続いた王統の綱渡りがあったからというのも大きな一因です。


そして、我らがトンイこと淑嬪崔氏(スクビンチェシ:숙빈최씨)がこの綱渡りに終止符を打ちます。
第21代英祖(ヨンジョ:영조)がトンイの子というのは歴史的事実ですが、実は彼女は3人の王子を生んでいます。残念ながら2人は夭折していますが、英祖は朝鮮王朝の最長在位53年を誇るほど、とても丈夫で長生きをしました。

のちの景宗だけでは心もとなかったところに、のちの英祖を産み、綱渡りから開放してくれたトンイ。
王子出産数も最高であり、寵愛を受けていたことがわかります。
ちなみに、禧嬪張氏(ヒビンチャンシ:희빈장씨)は2人、榠嬪朴氏(ミョンビンパクシ:명빈박씨)は6男で末っ子の延齢君(ヨンニョングン:연령군)の1人を生んでいます。 


結局のところ、粛宗の代で一時的に王子の出生数が増えたものの、その後はフェイドアウトするかのように少なくなり、傍系から王を迎えなければなりませんでした。
第26代高宗(コジョン:고종)の代には、すでに国の存亡さえ危うい状況だったため、王子の出生数が増えることに大した意味はありませんでした。


このように王子の出生数は、王朝の存亡と密接にリンクした、国家の最重要事項でした。

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ



コメントの投稿

非公開コメント

今、わが国でもかろうじて男系は悠仁さまひとりですものね。

だめンズな王様に限って王子が多く生まれる…ですか(笑)。
でも王子が複数いたらいたで、本人が望まなくとも、
政局が不安定だと、王位継承や謀反の騒動に巻き込まれて、
流刑や最悪は命を落とす事があるのですよね。

榠嬪朴氏の影が薄く感じるのは、ドラマではあまり取り上げられないからでしょうか。
禧嬪や淑嬪と同じように、宮女から後宮にあがり、王子を生んだのに、
榠嬪自身や王子が早くに亡くなったから?
禧嬪と榠嬪の確執はなかったのでしょうか?

Re: タイトルなし

王になれそうにない場合には、バカなフリをするのが一番なのですが、それがデキずに巻き込まれるパターンって、けっこうありますよね!
榠嬪については、調べたついでなので記事にしてみます!

> 今、わが国でもかろうじて男系は悠仁さまひとりですものね。
>
> だめンズな王様に限って王子が多く生まれる…ですか(笑)。
> でも王子が複数いたらいたで、本人が望まなくとも、
> 政局が不安定だと、王位継承や謀反の騒動に巻き込まれて、
> 流刑や最悪は命を落とす事があるのですよね。
>
> 榠嬪朴氏の影が薄く感じるのは、ドラマではあまり取り上げられないからでしょうか。
> 禧嬪や淑嬪と同じように、宮女から後宮にあがり、王子を生んだのに、
> 榠嬪自身や王子が早くに亡くなったから?
> 禧嬪と榠嬪の確執はなかったのでしょうか?

ありがとうございます

寧嬪に続き、榠嬪を取り上げてくださるなんて、うれしすぎます。
ありがとうございますm(__)m。

世子になれない才ある王子は、おバカなふりをした方がよいと聞いて、
日本の白壁王、のちの光仁天皇を思いだしました。
酒飲みのふりをして粛清をかわし、
60歳を超えてから天皇になった方ですが、
どこの国でも世子でない王子は、処世術にたける必要があったのでしょうね。

やんごとない世界は厳しいですね。

Re: ありがとうございます

白壁王もそうですが、加賀百万石の前田の殿様もバカ殿を装っていたんですよね~。
能ある鷹は爪を隠す。古今東西で共通した処世術なのでしょうね。


> 寧嬪に続き、榠嬪を取り上げてくださるなんて、うれしすぎます。
> ありがとうございますm(__)m。
>
> 世子になれない才ある王子は、おバカなふりをした方がよいと聞いて、
> 日本の白壁王、のちの光仁天皇を思いだしました。
> 酒飲みのふりをして粛清をかわし、
> 60歳を超えてから天皇になった方ですが、
> どこの国でも世子でない王子は、処世術にたける必要があったのでしょうね。
>
> やんごとない世界は厳しいですね。
トンイ考・カテゴリー
トンイ考・最近の記事
トンイ考・記事一覧
トンイ考・トラックバック
トンイ考・リンク
プロフィール

さくさく

Author:さくさく
本業はアジアを駆け巡る旅人で、アジアン雑貨のネットショップオーナーです。
タイにはしょっちゅう行くのですが、実は韓国へは一度しか行ったことがありません(笑)

数えたことはありませんが、週に20時間、累計100本以上の韓国ドラマを見ていると思います。
ここ数年は、20話程度のミニシリーズではもの足りず、大河ドラマ(時代劇)や150話程度の日々ドラマにはまっています。

スポンサーリンク
トンイDVD・ガイド本
トンイの公式ガイドブック
トンイ考・ブログ内検索
トンイ カウンター
トンイ考・最近のコメント
トンイ考・月別アーカイブ
トンイ考・RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。